本文へジャンプ

エクステリアの最前線

 

暮らしをデザインするエクステリア。


住まいを囲うエクステリアから、暮らしを心地よくつつむエクステリアへ。


住まいをつつむ門扉、フェンス、カーポート、ガーデンルーム・・・。
これら、エクステリアアイテムのデザインや機能性は実にさまざま。
アイテム同士の組み合わせを考えると、エクステリアの表情は無限に広がります。
そう、エクステリアには住まう人のこだわりやライフスタイルが表現されるのです。
住まいを彩り、路行く人にセンスを語り、なにより暮らしに心地よさをもたらす存在。
そんなエクステリアの最前線をご紹介します。





































いかがですか?

ほんの一部をご紹介しましたが、まだまだ素敵なプランをご提案できます。

樽井造園までご連絡ください。



              スタッフブログ





樽井造園 | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0) |

どんな庭の暮らしをお望みですか?

 

どんな庭での暮らしがご希望ですか?

夜の庭を快適、スタイリッシュに「エコな灯り」で照らします。
LEDガーデン
普通の電球と同等の明るさで消費電力は約1/10。
省エネと電気代の節約に貢献するLED。
寿命も約40,000時間と、普通電球に比べ、はるかに長い寿命を持っています。
さらに、発熱も少なく、紫外線の放出もほとんどありません。
水銀など有害物質も使用しない環境に良い光源です。
快適性や安全に欠かせない光の演出を、エコを考えたLEDで実現します。


時間の経過とともに表情を変えていくのも、庭の魅力のひとつ。
夜はまた別の楽しみ方があるものです。
昼と夜の楽しみ方





ペットと遊ぶ
家族の一員として、一緒に過ごしたいですね。





縁側の世界
に指しの下に広がる空間、縁側は、家族やご近所の方々との語らいの場。
自然とのふれあいの場でもあります。








眺める庭
縁側やお風呂から眺める和の空間。
情緒あふれる景色を楽しみましょう。







季節を感じる
庭は季節の移り変わりに敏感です。
その時々にふさわしい過ごし方があります。









次代へつなぐ、植育・庭育
庭は人と自然が最も親しくなれる大切な場所。
美しい青空の下で、命を育み、守るべき思いのひとつひとつを後世に伝えていきましょう。




家庭菜園を楽しむ
庭の一角に菜園コーナーをつくって、好きな野菜を育てる喜び。
自分で育てた採れたての野菜は味も格別です。
勝手口から菜園コーナーに出られるようにすると便利ですね。








夢が広がりますね。
樽井造園までご連絡ください。
ご希望通りのお庭を一緒につくっていきましょう。
















松竹梅鶴子(しょうちくばいつるこ)です

中1の娘と一緒に歩いているとき

ご近所の奥様に出会いました。

すこし立ち話をしていたら

奥様「そっか〜、もう中学生なのね!?行きたい高校とかあるの?」

娘「近くの公立高校!とにかく安いから!ってお母さんが言ってる!」

奥様「あ・・・・そう、お勉強がんばってね」(失笑)



人前ではそういうこと言なーーーー!!

ではまたお会いいたしましょう
樽井造園 | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

お庭周りをトータルにコーディネート

 

今日は、お庭をトータルでコーディネートできる

『+G(プラスジー)』

についてお話しましょう。

花の匂いが春を告げ、庭の木々に蝉の声がこだまする盛夏が来る。

やがて紅葉も美しい実りの秋が訪れ、暖をとる部屋から雪の舞う白い庭を眺める冬へ。

四季と共に暮らしてきた日本人は、自然の一部を暮らしの中に上手に取り入れてきました。

プラスGは庭を”間取る”という新しい発想で、新しいライフスタイルを実現します。























『プラスG』コンパクトガーデン
庭が狭いからとあきらめていませんか?
プラスGの多彩な組合せが大切な住まいのスペースを
最大限に活かします。
コンパクトだけど上質」これからのお庭づくりの
キーワードです。















おしゃれなトータルコーディネートのお庭いかがでしたか?

日本人はどうしても、ご近所様の視線を気にしがちで、お庭でお茶なんてなかなかできないですよね。

半透明のパネルで目かくしする事によって、もっともっとお庭を楽しめる事になるでしょう。

今日のお話は、ほんの一部を紹介いたしました。

詳しい事は樽井造園までお電話下さい。


















今まで数々のキャラ弁をつくりましたが、

子供に一番ウケタのは、「ライヨンチャンネル」でした。

松竹梅鶴子(しょうちくばいつるこ)です



昨日、買い物に行き、支払をカードでするため、伝票に鶴子の名前を書いたら、レジの人が

「松竹梅鶴子かい!!!」

と言ったので

よくよく見ると中学・高校の同級生でした。

20年ぶりぐらいでなつかしゅーございました(泣)



しか〜し!!家に帰ってから彼女に言い忘れた事を思い出しましたよ。

「昔、あんたに紹介してもらった男には捨てられましたよ!!」


ではまたお会いいたしましょう
樽井造園 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
カレンダー
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
プロフィール
profile
リンク
link
最新の記事
new entry
コメント
comment
カテゴリー
categories
アーカイブ
archives
検索
search
サイト内検索
携帯サイト
mobile
qrcode
みんなのブログポータル JUGEM

▲このページの先頭へ